安い宅配食は腎臓病の場合あまりおすすめできない理由

多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、生野菜や素のままの果物に比べてそのものに含まれたカリウムの量が圧倒的に多いです。仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合にはさらに高カリウム血症の症状が顕れる恐れがあります。。腎臓病の食事療法の目的は、なるべく腎臓病を悪化させない事と、健康状態の維持になります。透析導入前の保存期の方であれば、食事療法によって腎不全の進行をスローペースにし、結果として透析の導入時期を遅らせられます。また、透析導入後も、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は必要不可欠です。推奨蛋白摂取量は、標準体重(ダイエットというと、つい体重の増減ばかりを気にしてしまいますが、そういうダイエットはリバウンドの元でしょう)あたり0.8 g/Kg 程度になります。標準体重(ダイエットというと、つい体重の増減ばかりを気にしてしまいますが、そういうダイエットはリバウンドの元でしょう)を約60kgと仮定すると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。食品における蛋白含有量を知りたければ食品標準成分表で捜してみて参考にするといいですね。これらの食事療法については、栄養士からの食事指導でいろいろと工夫してやっていけます。仮に開業医さんに食事指導をうけ付けてもらえなかったら、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介して貰い、専門的な意見をもらってもいいですね。肉や魚その他卵や豆腐はまあまあな量のたんぱく質があり、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘い食べ物に関しても案外多量のたんぱく質が入っています。おやつには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、たんぱく質の過剰摂取になります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個程のたんぱく質が含まれているワケです。CKD治療の主なものは薬物治療と食事療法で、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。食事療法は減塩・蛋白制限が主となり、減塩食は高血圧治療を容易にして、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重(ダイエットというと、つい体重の増減ばかりを気にしてしまいますが、そういうダイエットはリバウンドの元でしょう)/日を推奨していますが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、いわゆる蛋白制限食は不味い、その他にもカロリーが不足するなどで、中々実践に踏み切れない方も多く存在します。近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。腎臓は尿を作る臓器で背中に二つあってはたらきとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、電解質のバランスを整えたり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、私立ちの体内でたいへん重要な機能を成しています。当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて薬を飲んだり注射をしたりすることが大切ですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。水に溶けやすい性質をもつカリウムで野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って茹でこぼし又は水さらしを施してから調理をおこないましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、その種類や調理するときの水量・形状・処理時間次第で変動します。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできるはずです。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、腎臓に負担がかかります。それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重(ダイエットというと、つい体重の増減ばかりを気にしてしまいますが、そういうダイエットはリバウンドの元でしょう)1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日分に変換した場合30~40gとなります。毎日の食事についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、また献立の工夫や、減塩のポイントなどを教えます。例えば低たんぱく食事療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。患者さんが実際にどれくらいのたんぱく質や食塩を体内に取り入れているかをチェックします。一日における排泄物を検査し計算をします。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることにより、たんぱく質や食塩の摂取量を分析できるはずです。食事で摂取したたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓でろ過され、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量を抑える必要があるでしょう。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、全く摂らないワケにはいけません。もっと詳しく⇒腎臓食 宅配 安い