腎臓病にはクレアギニンEXというサプリが有名です

甘いものと言えど思った以上にたんぱく質が多くふくまれています。オヤツの種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、たんぱく質の過剰摂取になります。例えば、ショートケーキひとつには卵1個分と同程度のたんぱく質が入っています。理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。標準体重を約60kgと仮定すると、おおかた必要な蛋白摂取量は、一日50gです。食品における蛋白含有量をしりたければ食品標準成分表で探してみて参考にするとよいでしょう。これらの食事療法やクレアギニンEXの服用については、栄養士からの食事指導で多彩な工夫についてしることが出来ます。開業医さんの中には食事指導が難しい場合もあるので、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介して貰い、専門的意見を頂くこともよいと思います。水に溶けやすい性質を持つカリウムで野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼすか水にさらしてから調理してください。茹でる事で除外できるカリウムの量は、その種類や調理するときの水量・形状・処理時間次第で変動します。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。日々の食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、具体的な献立の工夫や、さらに食塩の軽減対策などを指導します。主要な低たんぱく食事療法は、治療用特殊食品の使用が要となるんですから、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。患者さんが実際にどれくらいのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、カリウムの摂取と排泄のバランスを保つためにカリウムの摂取量を確認し軽減する必要があります。一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、生のままの野菜や果物と比較するとそのものにふくまれたカリウムの量が圧倒的に多いです。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、常日頃から野菜ジュースを好んで摂っていると、さらに高カリウム血症の症状が顕れるおそれがあります。。近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。腎臓は尿をつくる臓器で背中に二つあって体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質の安定を維持したり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を作る働きをしたり、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。腎臓に関する治療は病院に行って似つかわしい治療をうけることも先決ですが、普段から、規則正しい食事や生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)を送ることが必須です。日々の食事で得立たんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に悪影響を出します。腎機能を維持する上で、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大事な栄養素であるため、不足しないように補給する必要があります。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質の場合分離されれば7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に腎臓に負荷が及びます。ですから、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブすることをしてください。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分で言えば30~40gに相当します。CKDの治療において薬物治療と食事療法は重要で、前むきにこれらの管理を行なうことでCKDの悪化を抑制できます。食事療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、栄養が足りないなどという意見で、実施困難な方を多く見うけます。腎臓病における食事療法の意味合いは、腎臓病を極力進行指せない事と、現在の健康状態のキープです。透析が必要無い保存期の間は、食事療法を元に腎不全の急激な悪化を食い止められ、透析をはじめる時期を遅くしていけます。加えて、透析をはじめても、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は大きな意味を持ちます。もっと詳しく調べたい方はこちら⇒クレアギニンEX