脇のにおい対策におすすめなのは脇の臭いを消すクリームです!

脇汗が原因と考えられる「ワキガ」は、脇の皮膚などに集中して存在する「アポクリン汗腺」に原因があります。アポクリン汗腺から分泌される汗は、乳白色の色をしています。体内の脂質やタンパク質が含まれていることが分かります。エクリン汗腺とは異なる所から発汗される脇汗を、ワキにある皮膚や毛を住まいとしている雑菌の作用によってワキガ(脇の臭い)が発生します。人は汗をかくのはとても必要なことですがときに体温調節に必要な量以上に汗をかき、毎日の生活に差し障りの出る症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を多汗症と言います。ワキから汗が多く出る状態を『腋窩多汗症』と言います。腋窩多汗症は、低年層から若者世代で多く発病し、学校やしごとなどの日常生活において何かと不都合があり、心理的にとてもつらい病気です。しかし、手術で治すことが出来ます。どんな治療方法があるのか、病院でよく確認しましょう。制汗効果に繋がる方法は脇の「保湿」です。肌は乾くと、皮膚を乾燥指せないために脂や脇汗を出します。体の機能としてとても重要なことですが、この効果が脇で発揮されると、ワキガなどの問題がでてきてしまいます。脇の臭いを消すクリームの成分には、植物性のエキスが使われていることがあります。また海藻エキスも保湿成分として入っている商品が多く、こうした成分が含まれていることで制汗の効果を望向ことができます。ワキガの影響をうけている人が多い欧米と影響が少ない日本。なぜちがうのか。それは食文化が大きな影響を与えていると考えられています。高いカロリーや脂肪分の多い食べ物では、皮脂(分泌量が多すぎるとニキビや吹き出物などの原因になってしまいます)腺、アポクリン腺が活動的になります。その逆に魚や穀物、野菜ではビタミン。ポリフェノールなどワキガにとって有効な栄養がある食材です。この点を見るだけでも、野菜や魚が食のまんなかになっている日本。それに対し、肉が食のまんなかになっている欧米にワキガ体質に悩んでいる人が大勢いるのも頷けます。内臓疾患が原因で脇の汗に臭いがあったり多汗症などの病気の人を除けば、お風呂でからだを毎日洗うことや、脇汗を制汗する方法を使うなど、身支度の一つとしてコントロールすることができます特に暑い時節は、知らず知らずのうちに他の人に迷惑を感じ指せていることもあります。ちゃんと脇汗の対策を考え、「脇汗のにおいがキツイ!」と噂されないように対策を取っていきましょう。体臭を防ぐ効果があるクリームを活用して臭いを抑える事もできるのですが、こうした時はワキガの体質や軽いワキガになっている人にとって治療と言うことができます。臭化プロバンテリンや塩化アルミニウム、それ以外にも渋皮エキス。こうしたものは効果があるようです。しかし、体の健康状況が悪い時、精神的に不安定だったり、ホルモン系のバランスが悪くなっているためワキガの臭いレベルが上がっている状態かも知れない人には、その状態に対処するための薬がでる事もあります。バナナは体臭の予防効果が期待されているビタミンCが少量しかない、しかし食物繊維、カリウム、カロチンなど他の成分が多く含まれる食品と言えるので、むしろ体臭予防食品と言ってもよいでしょう。わきがの予防にも効果があるかも知れないですね。しかも、バナナのブドウ糖は体内でエネルギーに変換しやすく乳酸の生産を抑制することもあるので、運動を始める時に取り入れることで脇汗のアンモニアの臭いを抑える効果が期待できる。汗腺の種類には『エクリン腺』と『アポクリン腺』の2つがあります。全身にある『エクリン腺』から流れる汗は、99%が水分であることから、サラサラしていてニオイが出にくい汗です。 緊張した時や刺激物を食べた時に手の平や足裏、脇などのエクリン腺から汗が出ています。手汗の量が多い「多汗症」もエクリン腺から分泌される汗が原因です。思春期(心身ともに子供から大人への成長を遂げる小学校高学年前後くらいの時期をいいます)に脇下や陰部などに生育する『アポクリン腺』の汗も、流れでた直後はほぼニオイがありません。ただし、対策しないまま時間が経過すると細菌が汗を分解して、「ワキガ」特有のニオイを発生します。また、粘りがあり色素成分もふくむため、黄ばみや汗ジミの原因にもなります。基本的に、汗そのものにはほぼニオイがありません。そう、におわないのは脇汗も一緒です。でも、汗をかいて何も対処しないと、脇汗が衣類の細菌を分解し、それがニオイの元となり、わきが特有のニオイを出してしまいます。一段と発汗量が増えると細菌も活発に汗を分解するために、ケアしない状況でいるとぐんぐん臭気レベルが上がります。真夏日やスポーツをし立ときの汗のニオイが臭いのはそれが要因です。わきがの臭いの持とになるのは、アポクリン腺という汗腺から出る汗ですが、汗には臭いがありません。エクリン腺から出た汗や皮脂(分泌量が多すぎるとニキビや吹き出物などの原因になってしまいます)と混ざり、雑菌によって分解され、匂いという形になります。脇毛には臭いをつくる雑菌の温床になりやすいので、対処する方が賢明でしょう。しかし、毛抜きを使って対処することはやめましょう。アポクリン腺を通った汗がでてきやすくなります。毛抜きで脇毛を抜くのではなく、剃って処理をしましょう。あわせて読むとおすすめなサイト⇒脇 におい 対策 おすすめ