糖質制限の見解から種類豊富な幕の内弁当の宅配はとても良い判断です

糖尿病に罹患する可能性を告げられた方のなかには、「食生活を改めたいけれど、なかなか難しい、特別な運動は必要ないのではないか」と言う方もいるかもしれません。大抵は糖尿病予備軍で症状が出ることは稀なので、意識して生活の改善を図ることはめずらしいことです。ですが、糖尿病の中でも境界型という段階になると、からだの中では、すでに変化が起き始めています。特に、血糖値を下げる際に重要な役割をするホルモン、インスリンの数値に変化が及ぶ状態は、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。「緩やかな糖質制限食」は、1食あたり糖質40グラムまでが目安です。毎食バランスを考えて摂り、ご飯は少なめにすることが重要です。若い人が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番不適切です。同じように「カツ丼とざるそばセット」なども避けた方がよいでしょう。つまり、バランスの偏った糖質ばかりの食事はよくないということです。糖質制限の見解から種類豊富な幕の内弁当とご飯の量を半分にすることを、推奨しています。「緩やかな糖質制限食」では、カロリーを重視せず、野菜のほか、お魚・お肉もいっぱい食べましょう。さまざまな種類の栄養素を適切な量摂ることが、糖尿病を患った方には非常に大事な食事法です。それぞれに適したエネルギー量があり、その範囲内でバランスのよい食事を摂取するために参考になるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。私たちが毎日食べている食品を食品交換表で参照してみると、そのうち最も多い栄養素をもとに、6つの表をつくり6つの食品グループと調味料に分類し、1単位80kcalに合わせた食品の重量が掲載してあります。日常的に食品交換表を利用することで、料理のメニューの参考にもなります。医師から指示されている1日の総摂取エネルギーが1600kcalの場合、1日における食品との交換は20単位となりますが、それぞれの栄養素が偏らないように選ぶことが大事です。いわゆる「食品交換表」には、外食メニューの代表的なものも掲載されています。参考にして、ある程度のカロリーや栄養素を覚えておくとよいでしょう。また、薬物療法を受けている患者さんの場合は、食べものを摂るタイミングをしっかり意識しておかないと、条件次第では低血糖を誘発するおそれがあるので留意してください。その季節独特の食材をメニューに取り入れたり、上手に外食の仕方を工夫して、満足のいく食事療法を実践してください。一日3回の食事の量は、毎食ごとなるべく同じくらいがよいのですが、たいてい夕食を多く摂ってしまいます。食事は、忙しくても20分かけてゆっくり食べることです。ゆっくり食べた方が、血糖値の上昇を抑えられたり、満腹中枢が刺激され食欲が満たされるからです。忙しいとき、仕事の合間に短時間での食事摂取は回避しましょう。食物繊維には血糖値を下げるメリットがありますので、海藻類やきのこ類はたくさん食べて下さい。ポテトやコーンには多くの糖質が含まれているので気を配ってください。インスリンの作用は年齢とともに低下するため筋肉への糖の取り込みが減少します。そのため、血糖値が上昇しやすくなります。特に食後は、ブドウ糖がいっぺんに体の中に吸収されるため血糖値が上昇します。血糖値上昇を防ぐ手段が「ベジタブルファースト」です。野菜から先に食べる食事法です。食物繊維を多く含んだゴボウやキャベツなどの野菜は、ほかの食品が消化吸収されるのを緩やかにする作用があります。ご飯や麺類といった炭水化物に含まれる糖質の吸収もゆっくりとなるため、ブドウ糖が体内に吸収されるのを軽減します。2型糖尿病や肥満の原因のひとつとして体内時計の乱れがあります。わたしたちの体内で日常的に行われている糖代謝・脂質代謝、あるいは睡眠・体温・血圧など、全ての生理機能には日内リズムがあって、「体内時計」に大きく左右されます。日々の生活習慣は、「体内時計」に影響をもたらします。「体内時計を考えた栄養学」が「時間栄養学」とよばれています。これまでの栄養学でいわれていた「何をどのくらい食べるか」に、「食べるタイミング」といった体内時計の特質を付け足し、食事のリズムと効果の関わりについて新しく研究する分野です。もし糖尿病になってしまったら、好きなものを食べられないと考える患者さんがほとんどかもしれません。だかといって、糖尿病の患者さんにとって、決して食べられないという食品はありません。「食事療法」といっても特別なメニューがあるわけではなく、食べ物に含まれるさまざまな栄養素のバランスと個々に合った総摂取エネルギーを考えることが大切になります。もともと食事療法の目的は、糖尿病の患者さんへ向けた絶対条件というものではなく、一般の健康な方たちにとっても必要なことなのです。いわゆる糖尿病とは、インスリンという血糖値を下げる役割を担ったホルモンに異常が見られ、血糖値がなかなか下がらなくなる病気です。糖尿病発症後は治療の目的として、生涯にわたり体重・血圧・血糖・血清脂質の数値を正常な状態に近づけることで、糖尿病の合併症である網膜症・腎症・神経障害や動脈硬化症、いわゆる心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽を防ぎ、健康な人と同様に活動的な日常生活や実り多き時間を過ごすことです。食事療法をはじめとした治療が適切に行われれば、糖尿病の悪化を防ぎ、その他の合併症や動脈硬化症への予防にもつながります。糖尿病を大きく分けると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に分類できます。そのうち、日々の食生活や生活習慣の影響は大きくもっとも多く罹患するのが、「2型糖尿病」です。初めは血糖値が高いこと自体に自覚症状を感じないことが多いですが、病状の継続・悪化につながり様々な合併症を誘発します。不適切な食生活は2型糖尿病をまねくきっかけとなるので、治療には食生活の見直しと改善が必要です。糖尿病性の合併症に繋がらないよう体重や血糖を適正に保つ、さらに悪化の抑制を目的とするのが食事療法です。管理人のお世話になってるサイト⇒糖尿病食 宅配 ランキング