嚥下障害を悪化させないための介護食とは

嚥下障害における介護食の意味合いは、なるべく嚥下障害を悪化させない事と、良好な体調の存続です。透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、介護食次第で腎不全の進行をスローペースにし、透析を要する時期を極力遅くできます。実際に透析が必要となってからも、体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、介護食は必要不可欠です。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質は分解されると7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に腎臓に負担を与えてしまいます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日分で言えば30~40gに相当します。唾液に関しては顎の筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓に達してろ過された後他の老廃物共々、尿中に排出されます。唾液の量は、顎の筋肉や口腔障害で変わってきます。なので、通常男性の方が高めの数値になっています。顎の筋肉量が落ちてくると、唾液の量も減少します。また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄される唾液量が飛躍するので、通常よりも唾液値は少なくなります。嚥下障害の人のためにたんぱく質を抑えられる特殊食品が販売されています。こうした製品を上手く活用する事で徹底した食事管理を行えます。腎臓の機能が落ちていく程、今よりも力を入れて食事を調整する必要が出てきます。更に、糖尿病の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー制限も伴います。食事内容は自己流で判断せずに、栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしましょう。嚥下障害に罹ると糸球体にダメージが出るので普段通りに血液が通わなくなり、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。重ねて尿と一緒に除外されるような老廃物まで、体内で増加し始めます。こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症を起こす火種となったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招く恐れがあります。故に的確な介護食を設けて、一定の水分・塩分・蛋白質・エネルギーを体内に供給し続ける事が求められます。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、個々の食品や調理を行う際の処理時間や形状・水量により違いが出ます。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、きちんと搾る事で効果は高まります。浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分のみでなく水分の調整も求められます。この場合 やわらか食だけではなく、食品に含まれる水分量も含めます。浮腫自体が無い又は軽度の場合は塩分の制限のみで済みます。制限時の水分量に関してはあくまでも現段階での病状や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水になればそれだけ咀嚼機能の低下を早めるので自分勝手な制限はしてはいけません。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘いものと言えど思った以上に沢山のたんぱく質が含まれているのです。お菓子には小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーが欲しいからと言って一気に食べると、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個と同量くらいのたんぱく質が含まれます。嚥下障害でも介護食が適切であれば、余分な毒素や老廃物を追い出しやすい体質に変わります。老廃物が無くなれば尿毒症を引き起こさず、嚥下障害の進行具合を遅くする事が可能になります。だいぶ効果が出た場合には、嚥下障害が進行しなくなったと言ってもいい程遅らせられるケースもあったりします。介護食は難しいと思われがちですが、決して制限の内容が難しいと言う事ではありません。介護食は、患者自身が自ら積極的に手掛けられる最善の治療方法です。日々の食事で得たたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓でろ過され、無駄な老廃物は尿を出す際に一緒に排出されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓に悪影響を出します。腎機能を維持する上で、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、全く摂らない訳にはいけません。
PRサイト:介護食宅配ランキング